想像以上のバックでした

長年にわたって買い揃え、さらに長年にわたって放置されていた漫画や雑誌、CDやDVD。
部屋がごちゃついていて収納スペースがなくなっていた事、何よりずっと放置したまま触れてもいなかった事から、まとめて地元のリサイクルショップに売ってきました。

漫画・雑誌はトータルで200冊ほど、CD・DVDは150枚くらい。
自分では一度に運びきれず、店員さんが手伝ってくださいました。ありがたや。

photo

私はプレミアがどうとか全く興味がなく、その時点で楽しめればいいやという性格なので、1点数十円レベルとしか思っていませんでした。
ところが、そのうちのいくつかは数百円で買い取っていただけました。
トータルの買い取り額は、約18000円ほどにまでなり、とても驚きました。
私としては思わぬ臨時収入ですし、ホコリを被ったままだった品は、それを欲しがっている新たな人の手に渡るので、まさに一石二鳥です。

その帰り、臨時収入があった事と思い荷物を運んで疲れた事から、喫茶店でお茶とケーキを堪能してきました。
普段は節約志向で、喫茶店はお高いイメージしかないので寄りつかない私ですが、この時ばかりは心とお財布に余裕があったんです(笑)

やはり、断捨離は適度にやった方がいいですね。
少しでも売れる可能性があるものは売ってお小遣いにすれば、部屋はすっきり・お財布は潤って良い事しかありません。
ただ、時々傷みが激しくて買い取ってもらえない事もあるんですよね……こうなってしまうと、廃品回収に出す以外の方法がなくなるのが虚しいところ。
まぁ、リサイクルされて新しい紙に生まれ変わるのなら、それはそれで良い事ですけどね。

ちなみに衣類も何度か売った事があるのですが、こちらは本やCD類のように良いお値段はつきません。
人気ブランドの物であれば、まだ多少はましな値段で買い取ってもらえるかもしれませんが、そうでもなければ1着数円程度です。
購入時の価格を考えると売る事の恩恵は感じられませんが、そのまま捨ててしまうよりはまだいいかなぁ……くらいに思ってます。