個人がお金を借りるなら

お金を借りる際、銀行系から借りるか消費者金融から借りるかで判断が分かれるかと思います。
どちらも審査があり、それに通らない限りはどうあがいてもお金を借りる事はできませんよね。

ちなみに、事業用の借金であれば、銀行系でもお金を貸してくれるところは多いでしょう。
もちろん事業そのものに将来性がないと借りる事は難しいですし、事業はしっかりしていても本人に返済能力がなければあっさり却下されてしまうのも周知の事実。
ただ、事業性資金向けのローンであれば、億単位の融資をしてくれる銀行もあります。
たとえば開業資金の場合、億単位のお金を工面できれば十分事足りるでしょう。

しかし、開業を考えていない個人による借り入れの場合、銀行系よりも消費者金融をあたった方が無難と言えます。
中には貸してくれる銀行もあるでしょうけど、億単位はほぼ絶望的というのも過言ではありません。
そもそも、個人がそこまでの大金を借りる事情って、そうそうないですからね。

photo

「消費者金融は怖い……」という意見も聞かれますが、法整備が進んでいる今は業者側にも法令順守が義務付けられています。
そして、消費者金融としても貸したお金は絶対に返してもらわないといけないので、銀行系同様、厳しい審査基準を設けています。
ですから、消費者金融だからといって、簡単に借りられるとは限りません。

ただ、変わりゆく時代背景を反映して、今は専業主婦やフリーターでもお金を借りられるところが増えています。
まったくの無審査というわけではありませんが、数ある消費者金融の中でも特に基準が低い企業が存在しており、密かに話題となっています。
詳しくは、「カードローン審査一番甘いドットコム」というサイトで紹介されています。

ちなみに注意点として、こういった系統のカードローンは、借り入れ上限が低いという特徴があります。
収入が少ない・そもそもゼロという人向けのローンですし、法規制の事もありますから、致し方ない部分はあるのですが……。