宝くじで一攫千金

「一攫千金」という言葉があります。
特に苦労していないけれど、一度に多額のお金を手にする事です。
わかりやすく言うと、宝くじや競馬などで大当たりするといった感じでしょうか。
これはかなりの低確率なので、大当たりする=非常に運が良いという事なのですが、同時に多くの嫉妬を受ける事にもなります(笑)

我が家は全員、競馬やパチンコなどのギャンブルにはまったく興味がありません。
でも、宝くじには興味があります。特に母。

photo

実を言うと、私は宝くじもあまり興味がないので、自主的に購入する事はありません。
母に頼まれて購入する事はありますが、基本的に300円しか当たった事がないので、余計に興味が失せます(笑)

我が家での宝くじ当選最高額は、確か1万円だったかと思います。
1組3000円なので元は取れている……ように見えるのですが、4人家族全員で買った時なので、結局2000円のマイナス。
まぁ、300円しか当たらないよりはずっといいですし、1万円でも結構な低確率なのですが。

ちなみに、母方の祖父が200万円当てた事があるそうです。
まだ母が実家にいる頃の話ですが、現在に換算して考えると相当な高額当選ですよ。
祖父は旧国鉄に勤めていて、収入も多かったのですが、さらに宝くじで200万円って凄いです。
生活環境は至って普通だったけど、一度立て替えたという家は確かに広いです。

競馬やパチンコなどの収益金は、その企業にしか還元されません。
しかし、宝くじの収益金は、販売している各都道府県および政令指定都市の収入となります。
そして、何らかの形で社会に還元されていくのです。
ですから、高額当選しなくても、「社会に還元されるなら……」と自分に言い聞かせる事ができるのです(笑)

余談ですが、我が家は毎回、県内の有名な宝くじ売り場で購入しています。
そこの看板的存在である女性から買うと、当選確率が上がるという都市伝説があるからです。
実際、その売り場では過去に多数の高額当選者を出しており、すべてその女性が手渡したくじだというのです。