キャバ嬢の借金は珍しくない

趣味を通じて知り合った友人の中に、現役のキャバ嬢がいます。
キャバ嬢だという事には、何の驚きもありませんでした。
ただ、彼女の生活ぶりを聞いて驚いたのです。

キャバ嬢っていうと、時給も良く華やかな生活を送っているイメージがありました。
ところが、本人に言わせると「それはナンバー入りしている人だけの話であって、指名が取れないと全然稼げない」のだそうです。
キャバ嬢は話術や仕草だけではなく、見た目も勝負のうちに入ります。
そのため、常に美容に気を遣わなければならず、かかる費用も一般的な額より桁が多くなるんだとか。

安定して指名を取れれば元を取れるのですが、すべてのキャバ嬢がそこまで稼げるわけではないんですね。
中には、その辺のフリーターレベルの稼ぎしかないキャバ嬢もいて、そういう人は本当に生活が苦しいんだそうです。
かくいう友人も、そこまで人気があるわけではなく、月によってはコンビニバイトレベルしか稼げない時もあるので辛いと言っていました。

photo

そして、中には生活苦から借金に頼るキャバ嬢の話もあるそうです。
特に、独身ならまだしも、子育てをしながらキャバクラで働いて生活費を稼いでいる人もいるくらい。
ただ、キャバ嬢は貸金業者から見て「フリーター」に分類されるので、借り入れ審査に通るのは一筋縄ではいかないようです。
ただ、こういうサイトもあるくらいなので、100%落とされるわけではなさそうですね。

キャバ嬢でもカードローン審査に通る極意

もちろん、生活が苦しいという理由だけではなく、先述のように美容など自己投資のために借金をするケースも多いみたいです。
たしかに、みずぼらしい姿のキャバ嬢を指名したがる人は珍しいでしょうからね。

「男に媚びて楽して稼いでいる」なんて過激な意見もたびたび聞かれますが、キャバ嬢もそれなりに努力しないとやっていけない仕事なのだと知らされました。
私はもともと悪い意味での偏見はありませんでしたが、友人を通じてキャバ嬢に対する印象が変わりましたし、自分の仕事に誇りを持って働いている人は素直に尊敬します。