判断力がなくぼったくられました

大小あれど、依然として「ぼったくり」による被害が絶えません。
有名なケースとしては、バーやクラブなどで、明らかに法外な額の支払いを要求される事。
たとえば、数千円単位の飲み物しか注文していないにも関わらず、あれやこれやと勝手に追加されてしまい、気づけば数十万円もの支払いを要求されるなど。

photo

もちろん、法律上は支払い義務が発生しませんが、こういう悪質な店舗は脅しにかかってでも支払わせようとします。
反社会勢力が経営に関わっているケースも少なくないらしく、こういう話を聞いてしまうと、バーやクラブには入らないようにしようと考えてしまいますね。
法令順守の店舗の方が多いと思いますが、その店の本質を見極めるのは、素人には難しいのが現状です。

私はそういった悪質店舗に引っかかった事はありませんが、実は個人単位でぼったくられた事はあります。
学生の頃、ある特定の趣味を通じて知り合った同世代の人がいるのですが、ほんのわずかの期間でその人の趣味が変わってしまい、あっという間に疎遠になりました。
そして、疎遠になった数ヶ月後くらいにいきなりメールが来ました。
内容は、そのジャンル界隈での人気商品を買い取らないかというもの。
はっきり言って定価の何倍もの値段で迷いましたが、興味のある商品だったので承諾しました。

取引が成立し、「商品代金が振り込まれ次第発送する」との事で実際に振り込み待っていましたが、丸1ヶ月経っても何の音沙汰もなし。
不安になったので催促のメールをすると、「明日、学校が終わったら発送します」とだけ返ってきました。
その3日後に届いた商品は、プラスチックケースに入っているにも関わらず、緩衝材などで保護される事なく、そのまま普通の封筒に入っていました。
おまけに、商品以外には何もなし。要するにお詫びの一言もなし。
極め付けは、封筒に差出人の住所・氏名が書かれていませんでした。
郵便事故に遭っていたらどうするつもりだったのでしょうか。

この件が決定打となり、その人とは完全に縁が切れました。
プレミアどころか、その辺の中古ショップで数百円で売っているような商品を8000円で売りつけようとしていたのを知っていましたし、断ればよかったと後悔しました。

個人がお金を借りるなら

お金を借りる際、銀行系から借りるか消費者金融から借りるかで判断が分かれるかと思います。
どちらも審査があり、それに通らない限りはどうあがいてもお金を借りる事はできませんよね。

ちなみに、事業用の借金であれば、銀行系でもお金を貸してくれるところは多いでしょう。
もちろん事業そのものに将来性がないと借りる事は難しいですし、事業はしっかりしていても本人に返済能力がなければあっさり却下されてしまうのも周知の事実。
ただ、事業性資金向けのローンであれば、億単位の融資をしてくれる銀行もあります。
たとえば開業資金の場合、億単位のお金を工面できれば十分事足りるでしょう。

しかし、開業を考えていない個人による借り入れの場合、銀行系よりも消費者金融をあたった方が無難と言えます。
中には貸してくれる銀行もあるでしょうけど、億単位はほぼ絶望的というのも過言ではありません。
そもそも、個人がそこまでの大金を借りる事情って、そうそうないですからね。

photo

「消費者金融は怖い……」という意見も聞かれますが、法整備が進んでいる今は業者側にも法令順守が義務付けられています。
そして、消費者金融としても貸したお金は絶対に返してもらわないといけないので、銀行系同様、厳しい審査基準を設けています。
ですから、消費者金融だからといって、簡単に借りられるとは限りません。

ただ、変わりゆく時代背景を反映して、今は専業主婦やフリーターでもお金を借りられるところが増えています。
まったくの無審査というわけではありませんが、数ある消費者金融の中でも特に基準が低い企業が存在しており、密かに話題となっています。
詳しくは、「カードローン審査一番甘いドットコム」というサイトで紹介されています。

ちなみに注意点として、こういった系統のカードローンは、借り入れ上限が低いという特徴があります。
収入が少ない・そもそもゼロという人向けのローンですし、法規制の事もありますから、致し方ない部分はあるのですが……。