自営業ならではの悩み

友人夫婦が美容室の経営を始めたので、お祝いがてら数ヶ月ぶりにカットとカラーリングをしてもらいに行きました。
テレビや雑誌で紹介されるような「カリスマ美容師」がいるお店ではなく、ごく普通というか昔ながらの素朴な美容室です。

お客さんはそこそこ来るらしいのですが、やはり都会のおしゃれな美容室のように繁盛しているわけではないようです。
それどころか、開店資金のために貯金をほとんど使い果たしてしまい、50万円ほどの借金があるため、今は節約の毎日なんだそう。
友人いわく、「せめて借金さえ返しきれば、もうちょっとまともな生活ができるんだけど……」と言っていました。
長年の夢だった美容室経営に踏み切ったのはいいけれど、まだまだ前途多難のようです。

photo

実際には、器具などの維持費やテナント費用もあるので、これからやり繰りに困る日々が続く事でしょう。
「これ以上借金は増やしたくない」との事ですが、お互いの両親やきょうだいなどには頼らないと約束しているそうなので、お金に困る生活が続くのは避けられません。
私は「いざという時は相談してほしい」と言いましたが、夫婦揃って生真面目な性格なので、家族以外にお金で頼ろうとはしなさそうです。

友人夫婦のように、自営業で生活費が足りないというケースはとても多いみたいですね。
今は景気が回復傾向にあるなんて言われていますが、それは大企業などごく一部に限った話。
中小企業や、個人経営のごく小さな店舗は、案外そうでもないみたいですよ。
他にも、父親が経営している鮮魚店を手伝っている友人がいるのですが、「今は値上げの連続で大した利益がないけれど、店の維持費はかかってる」とぼやいていました。

私は自営業どころか雇われの身なので、自営業の本当の大変さを知りません。
もっと、中小企業や個人経営者も景気回復を実感できる世の中になればいいな……と願っています。
私一人だけではあまり意味がないかもしれませんが、なるべく個人で頑張ってるお店を利用していきます。

宝くじで一攫千金

「一攫千金」という言葉があります。
特に苦労していないけれど、一度に多額のお金を手にする事です。
わかりやすく言うと、宝くじや競馬などで大当たりするといった感じでしょうか。
これはかなりの低確率なので、大当たりする=非常に運が良いという事なのですが、同時に多くの嫉妬を受ける事にもなります(笑)

我が家は全員、競馬やパチンコなどのギャンブルにはまったく興味がありません。
でも、宝くじには興味があります。特に母。

photo

実を言うと、私は宝くじもあまり興味がないので、自主的に購入する事はありません。
母に頼まれて購入する事はありますが、基本的に300円しか当たった事がないので、余計に興味が失せます(笑)

我が家での宝くじ当選最高額は、確か1万円だったかと思います。
1組3000円なので元は取れている……ように見えるのですが、4人家族全員で買った時なので、結局2000円のマイナス。
まぁ、300円しか当たらないよりはずっといいですし、1万円でも結構な低確率なのですが。

ちなみに、母方の祖父が200万円当てた事があるそうです。
まだ母が実家にいる頃の話ですが、現在に換算して考えると相当な高額当選ですよ。
祖父は旧国鉄に勤めていて、収入も多かったのですが、さらに宝くじで200万円って凄いです。
生活環境は至って普通だったけど、一度立て替えたという家は確かに広いです。

競馬やパチンコなどの収益金は、その企業にしか還元されません。
しかし、宝くじの収益金は、販売している各都道府県および政令指定都市の収入となります。
そして、何らかの形で社会に還元されていくのです。
ですから、高額当選しなくても、「社会に還元されるなら……」と自分に言い聞かせる事ができるのです(笑)

余談ですが、我が家は毎回、県内の有名な宝くじ売り場で購入しています。
そこの看板的存在である女性から買うと、当選確率が上がるという都市伝説があるからです。
実際、その売り場では過去に多数の高額当選者を出しており、すべてその女性が手渡したくじだというのです。

お嬢様学校に進学!総額いくらかかるんだろう……

親戚の女の子が、今年の春から中学生になります。
あんなに小さかった子が、もうそんな年になったのか……と感慨深くなります。

しかし、海外深くなったのも束の間。
その続きを聞いて、私は白目をむくレベルで驚きました。

なんと、地元の公立中学校ではなく、某有名お嬢様学校の中等部なんだそうです。
私立という時点で相当お金がかかるのに、そこの学校は特に必要経費が高い事でお馴染みです。
さすがに詳細な額までは聞きませんでしたが、一般的な額よりも桁が違うのは確実でしょう。

photo

そこの学校は、「お嬢様」に似つかわしい、とても清楚でかわいらしいデザインの制服やバッグを採用しています。
校内関係者ではなく、デザイナーに依頼したという話もあり、制服でありながらもこだわりが感じられます。
ただ、そのせいでかなり高価なようです。
普通の公立中学校の制服でも確か2万~3万はするはずなのに、私立……しかもお金持ちの学校ともなると、どのくらいするのでしょうか。
想像した事すらありませんでした。

そして、入学金・前期授業料に加え、課外授業の経費だとか、一般的なPTAに該当する「○○の会」の経費もかかるそうです。
修学旅行は観光地を満喫しますが、言うまでもなく高額の費用がかかります。
そして、卒業後はOGとその両親を対象とする「△△の会」に入るので、その費用もかかるのだとか。

なお、何かと有利なので、そのまま大学まで同じ系列に進ませる予定だそうです。
大学までとなると、総額いくらになるのでしょうか……何百万単位じゃ足りないかもしれませんね。

なお、昔は私と同じような生活環境だったのですが、その子の母親(私から見て叔母)が、某大手銀行の支店長と再婚し、一気に玉の輿になったんです。
仕事を辞めて毎日酒とギャンブルに溺れていた前夫とは雲泥の差だなぁ……と眺めていたのですが、まさかここまで激変するとは想像もしませんでした。
あまりの極貧で、我が家からも食事を持って行ったのが遠い昔のようです。

若くして年収500万円……成功するために必要なものとは?

趣味を通じて知り合った方がいるのですが、その人が凄いんです。
何が凄いかって、私よりずっと年下なのに、稼ぎが半端ないんです。

その方の普段の生活について詳しく聞いた事はないのですが、これまで聞いてきた話を総合すると、おそらく投資家ではないかと思われます。
この年代の方で、投資で生計を立てている人って結構珍しいのではないでしょうか。
ちなみに、昨年だけでなんと500万円近く稼いだとの事。
私の年収の何倍…いや何十倍なのでしょうか。もはや計算する気さえ起きません(笑)

これだけ若いうちからこれだけ稼げる人って、世の中にどれくらいいるのでしょうか?
まず投資家というのもあくまで私の推測なんですが……どうやら、お父様はそれ以上の稼ぎがあるとの事。
となると、お父様も同じく投資家なのか、起業家として活躍なさっているか、それとも高給の仕事に就いていらっしゃるのか……。
何にせよ、親子揃って相当な戦略家である事に間違いはなさそうです。
でなければ、これだけの稼ぎを得る事はほぼ不可能でしょうからね。

そもそも、相当の知識や予見能力がないと、投資で成功する事は厳しいでしょう。
むしろ、うまく運用できないとあっという間にマイナスになってしまい、大損害を被ってしまいます。
ですから、初めのうちはコツコツと積み重ねて少しずつ利益を上げ、十分な知識と予見能力を培っていく事が需要です。

photo

今は景気は安定傾向にあると言われていますが、いつ悪化するかわかりません。
それこそ、かつて世界中を巻き込んだ「リーマンショック」とか、通貨危機なんて事も起こり得ます。
そのリスクを事前に察知する事も、投資で成功する秘訣なのでしょうね。

ほぼ繰り返しになりますが、投資は「誰でもできる」という程甘いものではありません。
素人判断で手を出すのはリスクが高すぎるので、基礎知識を学んでから挑んだ方が無難です。
それでも、誰もが成功するとは限らないので、やはり厳しい世界なんだろうなぁ……と思う今日この頃です。

ソーシャルゲームの落とし穴

つい先日、とある人気ソーシャルゲームの有料ガチャに関するトラブルが表面化しました。
かなりの収益があるらしく、CMもバンバン放送されています。
ちなみに、途中で数ヶ月ほどブランクがありましたが、私もやっています(笑)

トラブルの内容を要約すると、だいたいこんな感じでしょうか。

N

・有料ガチャの目玉となるキャラクターの排出量が、公表されている確率よりも明らかに低い。
・同じタイミングで提供開始された別キャラクターの性能表記が、明らかに誇大表示である。

つまり、「優良誤認」にあたるのではないかとして、専門機関への通報が殺到するという騒動に発展してしまったのです。
これまで同様のトラブルを起こしたソーシャルゲームは多数存在していますが、実はどれも登録アカウントが数百万単位の人気ゲーム。
「有名税」という言葉もありますが、利用者数が多ければ多いほど、必然的にゲームや運営企業に対する不満は貯まりやすくなります。

「確率なんだから仕方ない」と言ってしまえばそれまでなのですが、あくまで有料ガチャですから、現実世界のお金が絡んでいるのです。
大富豪でもない限り、お金は無限に降ってくるわけではありません。
自分で必死になって稼がなければいけませんし、働けない中高生ともなると、使える額はさらに限られるでしょう。
そんな大切なお金を費やした結果がこれとなると、不満が爆発するのも無理はありませんね。

これがソーシャルゲームのもっとも恐ろしい点であり、早急に改善しなければならない点だと何年も前から指摘されていますが、根本的な解決には至っていません。
たとえば法律で規制したとしても、それが適用されるのは国内に限られ、もしゲームサーバーが海外のものを利用している場合、その法律で規制する事はできないのだそうです。
結局、ユーザー側が「無闇に課金しない」事を心がけるのが、唯一の対策であるという現状なのです。

今までいくつものソーシャルゲームをやってきたし、それなりに課金もしてきましたが、今回改めてソーシャルゲームの恐ろしさを実感しました。
課金はほどほどにしなければいけませんね。