必要だけど結構痛い車検代

公共交通機関が充実している地域ならいいのですが、そうでない地域にとって自家用車はほぼ手放せない存在と言って良いでしょう。
実際、私が住んでいる地域も自家用車はほぼ必須です。

ただ、必要な物とはいえ、維持費が結構かかるのは痛いですね。
まず車自体がお世辞でも安い買い物ではないのに、定期的に車検を受ける事が義務付けられていますし、異常が見つかったら修理する必要がありますし、住宅環境によっては別途駐車場を自己負担で用意しなければならないケースもあります。
「安月給」という言葉がすっかり定着した今、その費用を工面する事ができず頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。

車検費用、結構高いんですよね。
安くて約3万円、高いと7万円近くになるとも言います。
車種によって変わるので、一番安く抑えられる軽自動車に人気が集中しているわけです。
さらに、車検によって追加料金が加算されるケースがとても多いので、時には10万円を超える事も!
「若者のクルマ離れ」なんて叫ばれていますが、これを考えると無理もないですね。

photo

車は絶対必要!
だけど、車検代を払う余裕がなくて、このままじゃせっかくのマイカーを手放さなければならない……。
苦労して買った車なのに、そんなの虚しいですよね。
先にも書いた通り、車検は義務付けられている大切なものなので、必ず受けないといけません。
何とかして、車検代を工面したいところです。

車検費用払えないけど車は売りたくない人が見るサイト

こんなサイトを見つけました。
一時的なしのぎかもしれませんが、いいんです。むしろ一時的なしのぎでいいんです。
いつか私もお世話になる時が来るかもしれません。
お金がないからといって車検を受けずに乗り続けていると、こんな恐ろしい事になるんだなぁ……と再認識しました。
次回の車検はまだまだ先ですが、うっかり金欠状態になってしまって「車検が受けられない!」という状態だけは避けないといけませんね。

お金が原因で絶交する羽目に

高校生の頃から、頻繁にライブに行くほど大好きだったバンドがいました。
ライブには、同じ学校に通っていた友人Aと一緒に行っていました。

私の両親はこういうサブカル系に対する偏見が強く、追っかけも反対されていました。
「どうしても行きたいなら、自分でバイトして稼げ」と言われ、それまで毎月5000円貰っていたお小遣いをなくされてしまったのです。
止むを得ず、部活を辞めてコンビニでバイトして自分のお小遣いを工面していました。

一方Aのご両親は寛大で、ライブのチケット代や交通費に加え、多少のお小遣いまで貰っていました。
正直、かなり羨ましかったです。
ところが、グッズを買い込み過ぎて帰りの電車賃が足りなくなり、私が貸す事も度々ありました。
最初は何とも思っていませんでしたが、次第に呆れるようになり、やがて怒りがこみ上げてきました。
こっちは必死でバイトしてこつこつ貯めたお金でライブに来てるのに、親にたかった挙句「お金貸して」と平気で言ってくるAが疎ましくなってきたのです。

photo

「切符、片道じゃなくて往復で買ったら?」とアドバイスしましたが、Aは「うん……」とそっけない返事でかわし、その後も同じ事の繰り返し。
ついには、貸したお金がなかなか戻ってこなくなったので、怒りが頂点に達した私は「こっちもお金に困ってるの、いい加減返して」と直接言いました。
すると、「それくらいおごってよ!あんたがそこまでケチだなんてショックだわ」と逆ギレされてしまったのです。
ショックなのはこっちなんですけど!

この時居合わせた別の友人が、その状況を学年主任に伝えてくれました。
Aは指導対象となり、翌日にそれまで貸していた約3万円をしぶしぶ返してきました。
さらに、ご両親にこっぴどく叱られたようで、ライブ通いを禁止されてしまったというのです。
「趣味を奪われた」などとグチグチ言われましたが、私からしてみれば「悪いのはそっちだよね」としか思いませんでした。

結局、それが原因でAとは完全に仲違い、全く関わる事がないまま高校を卒業しました。
もう10年近く経っていますが、今でもあの金銭感覚のままだとしたら怖すぎます。

想像以上のバックでした

長年にわたって買い揃え、さらに長年にわたって放置されていた漫画や雑誌、CDやDVD。
部屋がごちゃついていて収納スペースがなくなっていた事、何よりずっと放置したまま触れてもいなかった事から、まとめて地元のリサイクルショップに売ってきました。

漫画・雑誌はトータルで200冊ほど、CD・DVDは150枚くらい。
自分では一度に運びきれず、店員さんが手伝ってくださいました。ありがたや。

photo

私はプレミアがどうとか全く興味がなく、その時点で楽しめればいいやという性格なので、1点数十円レベルとしか思っていませんでした。
ところが、そのうちのいくつかは数百円で買い取っていただけました。
トータルの買い取り額は、約18000円ほどにまでなり、とても驚きました。
私としては思わぬ臨時収入ですし、ホコリを被ったままだった品は、それを欲しがっている新たな人の手に渡るので、まさに一石二鳥です。

その帰り、臨時収入があった事と思い荷物を運んで疲れた事から、喫茶店でお茶とケーキを堪能してきました。
普段は節約志向で、喫茶店はお高いイメージしかないので寄りつかない私ですが、この時ばかりは心とお財布に余裕があったんです(笑)

やはり、断捨離は適度にやった方がいいですね。
少しでも売れる可能性があるものは売ってお小遣いにすれば、部屋はすっきり・お財布は潤って良い事しかありません。
ただ、時々傷みが激しくて買い取ってもらえない事もあるんですよね……こうなってしまうと、廃品回収に出す以外の方法がなくなるのが虚しいところ。
まぁ、リサイクルされて新しい紙に生まれ変わるのなら、それはそれで良い事ですけどね。

ちなみに衣類も何度か売った事があるのですが、こちらは本やCD類のように良いお値段はつきません。
人気ブランドの物であれば、まだ多少はましな値段で買い取ってもらえるかもしれませんが、そうでもなければ1着数円程度です。
購入時の価格を考えると売る事の恩恵は感じられませんが、そのまま捨ててしまうよりはまだいいかなぁ……くらいに思ってます。

バンドスタッフなんてやらなきゃよかった

美容師として働いていましたが、安月給に嫌気がさしわずか1年で辞めてしまいました。
それからしばらくニートとして生活していたのですが、ネットを巡っていた時にバンドのヘアメイクスタッフの募集を見つけ応募しました。
当時は「時間潰しになればいいや」くらいしか思ってなかったのですが、後に後悔する事となります。

募集していたのは、はっきり言って全く売れていないバンドでした。
ライブの動員も、せいぜい10人程度。
CD1つ出そうにも、ちゃんとした会社に量産をお願いする余裕がないので、すべて自主制作でした。
当然フライヤーも自宅のパソコンとプリンターで作り、ポスターなんてものは作れませんでした。

それでもバンドなだけあって、機材だけはしっかり揃っていました。
「CDもろくに出せないのに、どうやって揃えたんだろう?」と不思議で仕方なかったのですが、理由はすぐに判明。
メンバー5人のうち、自分のお金で機材を揃えたのは1人だけで、他の4人は親密な関係の女性(彼女ではない)から受け取ったお金で購入していたのです。
当然、バイトなんてしているはずもなく。

photo

そんな状態ですから、ヘアメイクに必要な道具は全て私が自腹で用意。
最初はそれだけでしたが、やがてバンド経費まで協力するようになり、なけなしの貯金が湯水のごとく消えていく展開に。
働いてお金を工面しようにも、バンドのライブは不定期な上にかかる額も凄いので、不定期に休めてお給料もそれなりなキャバクラで働く事に。
怠け者4人は相変わらずで、私や唯一バイトしていたメンバーに、個人的な借金を求めてきました。
「必ず返す」と言っていたけど、返してもらえた事は一度もなし。

我慢の限界だったので、「今日限りで辞める。引き留めるなら今まで貸したお金全額返してね」と言ってやると、素直に辞めさせてもらえました。
ただ、「無職よりはまし」という理由から、キャバクラでのバイトは彼氏(今の夫)と付き合い始めるまで続けました。
唯一まともだったメンバーとは連絡を取っていますが、あの直後にバンド業界から引退し、今は奥さんと2人の子を持つ立派な社会人です。
他の4人の現況は知りません。興味ないです。

人気商品の値上げ

新年度に入りました。
それと同時に、いくつかのお馴染み商品が値上げを実行しました。

特に話題になっているのが、激安かつ新しい味が発売される度に注目されている「ガリガリ君」です。
時には変わり種の味を発売する事もありますが(笑)、普通のアイスキャンデーらしい味のものは本当に美味しいですね。
私は梨味が大好きなので、できれば通年販売していただきたいくらいです。
話が逸れましたが、ガリガリ君は味だけではなく、値段も多くの人々から愛される理由の一つ。
なんと、1本60円。あの美味しさで60円。
しかし、今月から1本70円に値上げとなり、「お詫び」のCMが放送されている事でさらに話題となっています。

photo

70円でも十分安く感じるのですが、それは「大人」の基準。
限られたお小遣いしか貰えない子どもにとって、10円程度でもなかなか辛い値上げではないでしょうか。
といっても、一度に何十本も買ったりしない限りはその影響は小さいでしょうね。
私も、今後も購入します。応援するために。

そして、名古屋名物の一つとも言えるスガキヤラーメンも、今月から値上げに踏み切りました。
こちらも格安でラーメンが食べられる事で人気。
今までは最安で1杯300円だったのですが、今月からは320円。
名古屋の出身ではありませんが、幼い頃から慣れ親しんでいるグルメですので、度重なる値上げにちょっぴり寂しさを覚えつつあります。
でも、これまた今後も食べるでしょうけどね。特に給料日前の金欠時(笑)

他にも、さまざまな食料品が値上げする一方なので本当に大変です。
アイスや外食は生活に必須ではないので避ければいいだけなのですが、毎日の食事に必要な野菜とか乳製品がどんどん値上げしていくのは困りますね。
近年は、異常気象の多発で作物の不作が続いており、それがさまざまな方向に悪影響を及ぼしていると聞きます。
そのうち、自給自足じゃないと生活がままならなくなる時代が来るかもしれませんね。
「それは大袈裟だ」と笑っていられるのも、今のうちだけかも……。

キャバ嬢の借金は珍しくない

趣味を通じて知り合った友人の中に、現役のキャバ嬢がいます。
キャバ嬢だという事には、何の驚きもありませんでした。
ただ、彼女の生活ぶりを聞いて驚いたのです。

キャバ嬢っていうと、時給も良く華やかな生活を送っているイメージがありました。
ところが、本人に言わせると「それはナンバー入りしている人だけの話であって、指名が取れないと全然稼げない」のだそうです。
キャバ嬢は話術や仕草だけではなく、見た目も勝負のうちに入ります。
そのため、常に美容に気を遣わなければならず、かかる費用も一般的な額より桁が多くなるんだとか。

安定して指名を取れれば元を取れるのですが、すべてのキャバ嬢がそこまで稼げるわけではないんですね。
中には、その辺のフリーターレベルの稼ぎしかないキャバ嬢もいて、そういう人は本当に生活が苦しいんだそうです。
かくいう友人も、そこまで人気があるわけではなく、月によってはコンビニバイトレベルしか稼げない時もあるので辛いと言っていました。

photo

そして、中には生活苦から借金に頼るキャバ嬢の話もあるそうです。
特に、独身ならまだしも、子育てをしながらキャバクラで働いて生活費を稼いでいる人もいるくらい。
ただ、キャバ嬢は貸金業者から見て「フリーター」に分類されるので、借り入れ審査に通るのは一筋縄ではいかないようです。
ただ、こういうサイトもあるくらいなので、100%落とされるわけではなさそうですね。

キャバ嬢でもカードローン審査に通る極意

もちろん、生活が苦しいという理由だけではなく、先述のように美容など自己投資のために借金をするケースも多いみたいです。
たしかに、みずぼらしい姿のキャバ嬢を指名したがる人は珍しいでしょうからね。

「男に媚びて楽して稼いでいる」なんて過激な意見もたびたび聞かれますが、キャバ嬢もそれなりに努力しないとやっていけない仕事なのだと知らされました。
私はもともと悪い意味での偏見はありませんでしたが、友人を通じてキャバ嬢に対する印象が変わりましたし、自分の仕事に誇りを持って働いている人は素直に尊敬します。

判断力がなくぼったくられました

大小あれど、依然として「ぼったくり」による被害が絶えません。
有名なケースとしては、バーやクラブなどで、明らかに法外な額の支払いを要求される事。
たとえば、数千円単位の飲み物しか注文していないにも関わらず、あれやこれやと勝手に追加されてしまい、気づけば数十万円もの支払いを要求されるなど。

photo

もちろん、法律上は支払い義務が発生しませんが、こういう悪質な店舗は脅しにかかってでも支払わせようとします。
反社会勢力が経営に関わっているケースも少なくないらしく、こういう話を聞いてしまうと、バーやクラブには入らないようにしようと考えてしまいますね。
法令順守の店舗の方が多いと思いますが、その店の本質を見極めるのは、素人には難しいのが現状です。

私はそういった悪質店舗に引っかかった事はありませんが、実は個人単位でぼったくられた事はあります。
学生の頃、ある特定の趣味を通じて知り合った同世代の人がいるのですが、ほんのわずかの期間でその人の趣味が変わってしまい、あっという間に疎遠になりました。
そして、疎遠になった数ヶ月後くらいにいきなりメールが来ました。
内容は、そのジャンル界隈での人気商品を買い取らないかというもの。
はっきり言って定価の何倍もの値段で迷いましたが、興味のある商品だったので承諾しました。

取引が成立し、「商品代金が振り込まれ次第発送する」との事で実際に振り込み待っていましたが、丸1ヶ月経っても何の音沙汰もなし。
不安になったので催促のメールをすると、「明日、学校が終わったら発送します」とだけ返ってきました。
その3日後に届いた商品は、プラスチックケースに入っているにも関わらず、緩衝材などで保護される事なく、そのまま普通の封筒に入っていました。
おまけに、商品以外には何もなし。要するにお詫びの一言もなし。
極め付けは、封筒に差出人の住所・氏名が書かれていませんでした。
郵便事故に遭っていたらどうするつもりだったのでしょうか。

この件が決定打となり、その人とは完全に縁が切れました。
プレミアどころか、その辺の中古ショップで数百円で売っているような商品を8000円で売りつけようとしていたのを知っていましたし、断ればよかったと後悔しました。

個人がお金を借りるなら

お金を借りる際、銀行系から借りるか消費者金融から借りるかで判断が分かれるかと思います。
どちらも審査があり、それに通らない限りはどうあがいてもお金を借りる事はできませんよね。

ちなみに、事業用の借金であれば、銀行系でもお金を貸してくれるところは多いでしょう。
もちろん事業そのものに将来性がないと借りる事は難しいですし、事業はしっかりしていても本人に返済能力がなければあっさり却下されてしまうのも周知の事実。
ただ、事業性資金向けのローンであれば、億単位の融資をしてくれる銀行もあります。
たとえば開業資金の場合、億単位のお金を工面できれば十分事足りるでしょう。

しかし、開業を考えていない個人による借り入れの場合、銀行系よりも消費者金融をあたった方が無難と言えます。
中には貸してくれる銀行もあるでしょうけど、億単位はほぼ絶望的というのも過言ではありません。
そもそも、個人がそこまでの大金を借りる事情って、そうそうないですからね。

photo

「消費者金融は怖い……」という意見も聞かれますが、法整備が進んでいる今は業者側にも法令順守が義務付けられています。
そして、消費者金融としても貸したお金は絶対に返してもらわないといけないので、銀行系同様、厳しい審査基準を設けています。
ですから、消費者金融だからといって、簡単に借りられるとは限りません。

ただ、変わりゆく時代背景を反映して、今は専業主婦やフリーターでもお金を借りられるところが増えています。
まったくの無審査というわけではありませんが、数ある消費者金融の中でも特に基準が低い企業が存在しており、密かに話題となっています。
詳しくは、「カードローン審査一番甘いドットコム」というサイトで紹介されています。

ちなみに注意点として、こういった系統のカードローンは、借り入れ上限が低いという特徴があります。
収入が少ない・そもそもゼロという人向けのローンですし、法規制の事もありますから、致し方ない部分はあるのですが……。

自営業ならではの悩み

友人夫婦が美容室の経営を始めたので、お祝いがてら数ヶ月ぶりにカットとカラーリングをしてもらいに行きました。
テレビや雑誌で紹介されるような「カリスマ美容師」がいるお店ではなく、ごく普通というか昔ながらの素朴な美容室です。

お客さんはそこそこ来るらしいのですが、やはり都会のおしゃれな美容室のように繁盛しているわけではないようです。
それどころか、開店資金のために貯金をほとんど使い果たしてしまい、50万円ほどの借金があるため、今は節約の毎日なんだそう。
友人いわく、「せめて借金さえ返しきれば、もうちょっとまともな生活ができるんだけど……」と言っていました。
長年の夢だった美容室経営に踏み切ったのはいいけれど、まだまだ前途多難のようです。

photo

実際には、器具などの維持費やテナント費用もあるので、これからやり繰りに困る日々が続く事でしょう。
「これ以上借金は増やしたくない」との事ですが、お互いの両親やきょうだいなどには頼らないと約束しているそうなので、お金に困る生活が続くのは避けられません。
私は「いざという時は相談してほしい」と言いましたが、夫婦揃って生真面目な性格なので、家族以外にお金で頼ろうとはしなさそうです。

友人夫婦のように、自営業で生活費が足りないというケースはとても多いみたいですね。
今は景気が回復傾向にあるなんて言われていますが、それは大企業などごく一部に限った話。
中小企業や、個人経営のごく小さな店舗は、案外そうでもないみたいですよ。
他にも、父親が経営している鮮魚店を手伝っている友人がいるのですが、「今は値上げの連続で大した利益がないけれど、店の維持費はかかってる」とぼやいていました。

私は自営業どころか雇われの身なので、自営業の本当の大変さを知りません。
もっと、中小企業や個人経営者も景気回復を実感できる世の中になればいいな……と願っています。
私一人だけではあまり意味がないかもしれませんが、なるべく個人で頑張ってるお店を利用していきます。

宝くじで一攫千金

「一攫千金」という言葉があります。
特に苦労していないけれど、一度に多額のお金を手にする事です。
わかりやすく言うと、宝くじや競馬などで大当たりするといった感じでしょうか。
これはかなりの低確率なので、大当たりする=非常に運が良いという事なのですが、同時に多くの嫉妬を受ける事にもなります(笑)

我が家は全員、競馬やパチンコなどのギャンブルにはまったく興味がありません。
でも、宝くじには興味があります。特に母。

photo

実を言うと、私は宝くじもあまり興味がないので、自主的に購入する事はありません。
母に頼まれて購入する事はありますが、基本的に300円しか当たった事がないので、余計に興味が失せます(笑)

我が家での宝くじ当選最高額は、確か1万円だったかと思います。
1組3000円なので元は取れている……ように見えるのですが、4人家族全員で買った時なので、結局2000円のマイナス。
まぁ、300円しか当たらないよりはずっといいですし、1万円でも結構な低確率なのですが。

ちなみに、母方の祖父が200万円当てた事があるそうです。
まだ母が実家にいる頃の話ですが、現在に換算して考えると相当な高額当選ですよ。
祖父は旧国鉄に勤めていて、収入も多かったのですが、さらに宝くじで200万円って凄いです。
生活環境は至って普通だったけど、一度立て替えたという家は確かに広いです。

競馬やパチンコなどの収益金は、その企業にしか還元されません。
しかし、宝くじの収益金は、販売している各都道府県および政令指定都市の収入となります。
そして、何らかの形で社会に還元されていくのです。
ですから、高額当選しなくても、「社会に還元されるなら……」と自分に言い聞かせる事ができるのです(笑)

余談ですが、我が家は毎回、県内の有名な宝くじ売り場で購入しています。
そこの看板的存在である女性から買うと、当選確率が上がるという都市伝説があるからです。
実際、その売り場では過去に多数の高額当選者を出しており、すべてその女性が手渡したくじだというのです。